グループホームにはどんな特徴がある?

グループホームとは、認知症の高齢者が介助を受けつつ少人数の小規模なユニットで共同生活を行う介護施設の事であり、慣れ親しんだ地域で暮らす事ができるため環境変化もなく過ごしやすいのです。

グループホームに入所するためには、要支援2以上で認知症の診断が必要になりますが、施設と同じ市町村に住んでいる事が条件になりますよ。

認知症でも寝たきりなど医療ケアが必要な場合には入所できませんが、食事や入浴や排泄の介助、生活支援サービスや機能訓練など様々な介護サービスを受ける事ができるのです。

グループホームで生活する事によって、認知症の症状や進行を緩和させる効果が期待できますし、介護や認知症に関する知識の豊富なスタッフがサポートしてくれるため安心して過ごせますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る