シルバーハウジングってどんな施設?

シルバーハウジングとは高齢者向けの公営住宅の事であり、地方自治体か都市再生機構か住宅供給公社が事業者として運営しているバリアフリーの住宅ですよ。

60歳や65歳以上の高齢者世帯か障害者世帯が入居する事ができますが、年収や所得によっても条件があり、自立して生活できる人が対象になっているのです。

自宅での事故が多い高齢者が安全安心な暮らしをするための施設なのです。

住宅に居ながらサービスが受けられますが、介護サービスを利用する場合には自己負担で利用する事になりますよ。

要介護度が重くなって居宅介護サービスを利用し続けると、介護費用が高くなってしまう事が考えられますので、要介護度が高くなったら他の施設などへ転居を検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る