介護保険で利用できる施設とは?

介護施設は種類が多いですが、今回は介護保険で利用できる入所施設と住宅施設についてご紹介いたします。

特養老人ホームや老健は介護保険では施設と呼ばれていて、要介護度が3以上で利用する事ができますが、費用はだいたい定額で安定して利用する事ができるので、全国で50万人以上の待機者がいると言われていますよ。

サービス付き高齢者向け住宅は家賃を前払いで支払う事になりますが、施設によって費用の差が大きいと言われていますし、在宅介護を利用する事になりますが、介護がさらに必要になると介護の費用が高くなってしまう事が考えられるのです。

介護型有料老人ホームも施設によって費用の差が大きいと言われていて、食事や介護サービスなどを利用したいなら家賃とは別で契約する事になるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る