介護老人保健施設について知っておこう

介護老人保健施設は介護保健施設の1つであり、医療と介護の両方の側面を合わせ持っている施設ですから、多くの利用者は病院から退院した後に中間施設として入所することが多いのです。

老健の目的として、1つは入所者の在宅復帰であり、医療や看護、リハビリを行って他の介護施設や自宅で生活できるようにすることを目標としていたり、もう1つの目的として自立支援であり、自立した日常生活ができるように支援しているのです。

老健にも種類があり、29人以下のサテライト型の小規模施設や、病院や診療所などの施設が併設している医療機関併設型や、普通の老健を運営するのが難しい過疎地域などでは分館型があります。

医療やリハビリを重視したい方にオススメですから、気になる方は近隣の施設を確認してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る